Keep Smiling :)

忘備録と未来のしまっこへ。心の動きを見つめるブログ。ところにより簿記とピアノ。

仕事に限界を感じて

何かをすれば、それなりにストレスは生じるものだし、そのストレスを味方にするか敵にするか、はたまたどこまで我慢するか等のストレスとの戯れ方は、社会人としての在り方とは別にして、基本的に各個人の自由であると思います。

 

自分で考えて動くように、他人もまた考えています。「会社」の立場という意思もあります。

 

問題が生じた時、各々が主張するのも大切ですが、それぞれの妥協点を探すというのはまだあまり浸透していないのでしょうか。それとも私が遭遇しなさすぎなのでしょうか。そういう「話し合い」はあまり耳にしていません。

 

もちろん、ルールにあてはめて強引に物事を進めることも可能です。転職したいと考えた時、最終手段はやはりこういう弁護士経由でお世話になるのでしょうか。

 

 

 

何事も選択肢が沢山あって救われる人がいるのなら、それも良いと思います。正直、弁護士の先生に丸投げしたい気分にもなりました。

 

しかし、今回は個人で判断を下す前に相談したい、相手の意見や出方も知りたい、と思いまして。

 

心臓をバクバクさせながら、然るべき人に必要な情報を最低限レベルでお伝えしてみました。事務的にあっさり処理されると想定していましたが、実際は妥協点を探るためにお話しが進んでいます。

 

・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*

 

今回のやり取りで学んだこと

 

  • 筋はなるべく通した方が良い
  • 相手の立場をつぶさない
  • 相手にも考える時間と選択の猶予を与える
  • 嘘は極力避けて、現実から乖離しすぎない上手い言い回しを考える
  • 必要があれば、然るべき場所に助けを求めて、裏付けを強固にする

 

・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*

 

自分が考えるように、周りもまた考えています。個人の主張も大切だけど、話し合いができるように周りと合わせることも大切なのではと、今回のお仕事限界モード現在進行形の私に関して思いました。

 

ふとした一言が相手の地雷やトラウマを踏み抜き、場合によっては身体にもれなく症状がでてしまうことだってあります。起こってしまったことは仕方ありません。人間万事塞翁が馬。過去の存在価値は見方によって自分で変えることができます。次の一歩のために、まずは全てに感謝したいと思います。